故意の事故には保険金は支払われない

自動車保険に加入していた場合事故を起こした、又は起こされてしまった場合保険会社から怪我の治療費や慰謝料などが支払われます。
契約によっては満額支払われるため、自身の負担は一切無い形で示談が成立するということも珍しくないのです。
しかしこの保険会社から下ろされるお金を目当てにわざと車をぶつけたりして保険金をせしめようという者が居るというのも事実です、そのため自動車保険会社では事実性や信憑性の評価を行うことが既定として定められており、故意に自動車をぶつけたと判断された場合には保険金が支払われることは無いということを覚えておくといいでしょう。
自動車同士の不慮の衝突などの場合確実に保証がなされると言えますが、対物衝突などの場合故意かどうかの調査のため保障がなされるまでの時間が掛かってしまうということもあるという点には気をつけておくべきだと言えます。
故意に対物衝突を起こし詐欺に近い形で保障を受けようとすると、加入している保険の契約違反になるためその後一切の保障が受けられなくなります。

 
また各自動車保険会社にその事実が知らせられるため、違う自動車保険会社に新規で加入しようとしても断られてしまうため十分に注意してください。