台風や地震による損害は補償されない

対人賠償保険とは、自動車やバイク・原付などの事故を起こしたことによって他人を死傷させてしまったた場合に法律上の損害賠償責任を補償する任意保険のことです。
自動車購入時の加入することの多い自賠責保険にもこの対人賠償保険は付帯されていますが、その保証額は死亡保障額は3000万円、事故による後遺障害は4000万円、障害で120万円と低くなっているため、任意保険で足りない部分を補うことが必要となるのです。
そのため、対人賠償保険の補償額の上限は、基本的にどの保険会社でも一律無制限に設定されていることが多く、加入者のほとんどが無制限の対人賠償保険をかけています。

 
任意保険の対人賠償保険の対象となるのは、事故によって被害を受けた被害者です。例えば、歩行者や自転車搭乗者、また事故被害者の自動車に乗っていた人、事故時に自分の自動車に乗っていた搭乗者などです。
しかし、対象者が被保険者と他人であることが前提となっています。つまり、被保険者は当然として、その家族は事故時に同乗していたとしても対人賠償保険の対象外となるのです。
また故意に事故を起こした場合や、地震や噴火などの自然災害によって生じた損害も対人賠償保険の補償適用外となるので気を付けましょう。